OFFICE OHKURA

「もしも」の時に備えたい。飼い主として、出来ること。

  • twitter
  • facebook
お問い合わせはこちら

「もしも」の時に備えたい。飼い主として、出来ること。

「もしも」の時に備えたい。飼い主として、出来ること。

2022/05/08

 

はじめに

ペットを飼い始める時に、ペットの寿命と自分の寿命を考えて飼い始める方はとても多いと思います。

 

ですが、「寿命」ではなく「もしものこと」で飼い主である自分に何かがあった時。

ペットの当面のお世話や、その後のことを考えている方は、少ないのではないでしょうか。

 

今日は「自分にもしものことがあった時に。飼い主としてできるペットへのサポート」をご紹介します。

 

身分証と一緒に「ペット情報カード」を携帯しておく

万が一災害や事故に巻き込まれてしまった時。

まずは身元確認のために身分証の確認がありますよね。

 

身分証と一緒に「ペット情報カード」を携帯しておくと、突然自宅でひとりぼっちになってしまったペットの存在に気づいてもらえる確立が上がります。

 

カードにはペットの名前や年齢などの基本情報のほか、餌や食事についての情報や、投薬について、またかかりつけの獣医さんなどを記しておくと安心です。

 

◆預かり先の検討をしておく

長期の入院などでお世話が難しい状態になってしまった時、頼れる先はありますか?

普段はなかなか使用することが少ないかもしれませんが、万が一の際に備えて、ペットホテルやペットシッターさんの情報を集めておくことをオススメします。

また余裕があるときに、トライアルを済ませておくとより安心です。

 

頼れる親戚やペット仲間がいるようであれば「自分にもしものことがあった時のお願い」をしておくのも一手です。

「困ったときはお互い様」の打ち合わせをしておくと、万が一の時にも少しだけ安心できますね。

 

◆信託サービスを検討する

飼い主の身に最悪の事態が起こったときに備えて、「ペット信託」を始めておくのもオススメです。

信託会社にお金を預けておくことで、万が一の際には運用で得た利益などを、将来のペット養育費に充てたり、保険金などが下りる仕組みになっています。

金融商品は保証の内容や手厚さなどが、商品ごとに大きく異なってきます。

自分とペットの生活環境や、親族との関係性などをよく考慮して、商品を選ぶように心がけてくださいね。

 

◆おわりに

いかがでしたか?

意外と見逃しがちである、飼い主に何かあったときのペットのこと。

「自分は健康だから」「まだまだ若いから」と、考えるのを先延ばしにするのではなく、「自分になにかあっても安心!」と備えておくことで、ペットがいる生活をより楽しんでいただけるかと思います。

備えあれば憂いなし!

大切なペットのためにぜひ一度考えてみてくださいね。

----------------------------------------------------------------------
ペットセレモニーおおくら
〒516-2111
住所:三重県 度会郡度会町 下久具 263-1 
電話番号 :090-5465-8694



地元三重で小型動物の火葬を実施

地元三重で大型動物の火葬に対応

安心の個別火葬を三重で実施

丁寧な葬儀を三重を中心にご提供

信頼と安心の葬儀を三重で実施

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。