OFFICE OHKURA

ペットが亡くなった際に火葬を行うタイミングは?

  • twitter
  • facebook
お問い合わせはこちら

ペットが亡くなった際に火葬を行うタイミングは?

ペットが亡くなった際に火葬を行うタイミングは?

2021/12/28

大切なご家族であるペットがなくなった場合、どのように火葬や葬儀をするか、お考えの方は多くはないでしょう。

実際に、生前からペットの死を考えたくない方がほとんどなので、どのように火葬や葬儀をするのか悩む方もいらっしゃいます。

しかし、ペットの死は突然やってきます。本記事では、ペットが亡くなった時の火葬のタイミングについて、ご説明していきます。

本記事が、大切なご家族であるペットとの、最後の過ごし方の参考になれば幸いです。

 

ペットは死後どのようになるのか

ペットは死後、冷たくなり硬直し腐敗してきます。悲しいですが、生前とは全く異なります。

少しでも腐敗を防ぐために、保冷剤やドライアイスなどを活用し、できる限り涼しい場所に安置しておきましょう。

 

火葬するタイミングは?

夏場か冬場など季節や、安置状態によって変わりますが、長くても死後5日以内には火葬してあげるのが良いです。

暑い季節であれば、長くても2~3日がベストでしょう。

しかし、ペットの腐敗が進むのが可哀想ということから、当日中に火葬される飼い主様もいらっしゃいます。

このように、本当は心の整理がついていない状態なのに、火葬される方もいます。

ペットが亡くなった当日に火葬すると、ペットロスなどの心身的な疾患を引き起こす可能性が高いです。

1日ほどであれば、見た目が大きく変わるほど腐敗は進まないので、自宅などで最後のお別れを過ごすことが、ペットと飼い主様の大切なお時間となるでしょう。

 

ペット火葬の種類

ペットの火葬にもいくつか種類があります。

 

・訪問火葬

訪問火葬は火葬車で火葬を行います。

自宅に来てもらうことができるので、火葬施設まで行けない方におすすめです。

近隣の方とトラブルにならないように、事前に確認しておきましょう。

・施設火葬

こちらはペット霊園などで行う火葬となり、人間とほとんど変わりません。

お骨拾い、納骨なども行えます。

 

またどちらの方法にも「立ち合い火葬」や「一任火葬」があり、飼い主様が火葬に立ち会う方法と、業者に全て任せる方法があります。

ご自身の確保できる時間を考えて選択しましょう。

 

今回は、ペットの火葬のタイミングと種類について解説してきました。

ペットは人間と違い、生前から「終活」といったように、どのように自分の葬儀を行うのかを決められません。

そのため、飼い主様が決める必要があります。

大切なペットがなくなるのは悲しいことですが、最後に後悔のないお時間を過ごすことが、ペットのご供養に繋がるかと思います。

----------------------------------------------------------------------
ペットセレモニーおおくら
〒516-2111
住所:三重県 度会郡度会町 下久具 263-1 
電話番号 :090-5465-8694


丁寧な葬儀を三重を中心にご提供

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。