OFFICE OHKURA

魚類のペットがかかりがちの病気とは?

  • twitter
  • facebook
お問い合わせはこちら

魚類のペットがかかりがちの病気とは?

魚類のペットがかかりがちの病気とは?

2022/03/11

熱帯魚が静かな流行になっており、熱帯魚を始めとした魚類をペットにする人が増えてきました。それにしても魚類は犬や猫と比べてどのような病気にかかりやすいかという情報がわずかしかないというケースが挙げられます。魚類をペットにしている飼い主様が心配するのは「どんな病気になりやすいのか?」、「病気に対してどのような方法をとればよいのか」ということではないでしょうか?

 

ですので本日は魚類のペットがかかりやすい病気について書いていきたいと思います。

 

魚類のペットがかかりやすいような病気について

 

白点病

魚類のペットがかかりやすい病気の1つめは白点病という病気です。また白点病とはこの名前の通り魚の体に白い点ができる病気です。これの病気が発生する原因は急激な水温の変化や最新魚の飼育など急に生活習慣の変動によって生じる病気となります。28℃~30℃くらいの水温にする事で白点病を抑えることができます。重症化すると死亡する可能性がありますので前持った認識が大切になります。

 

吸虫病

魚類のペットがかかり安い病気について吸虫病魚類のペットがかかりがちな病気の2つ目は吸虫病です。吸虫病は魚のエラに寄生虫が寄生しエラが腫れ、エラ蓋が閉まらなくなってしまう病気です。見分け方といえばエラ蓋が閉まらなくなるだけでなく、体を石や水槽の壁にこすりつけたり、呼吸が苦しそうにしていることが特徴です。白点病と同様に魚の飼いはじめが挙げられます。予防としては水合わせを行う必要があります。又、治療策はリフィッシュを使って週2に2~3回を使って治療することが大切です。リフィッシュの副作用は溶存酸素量が負担減するので、エアレーションを使うことが一押しです。

 

イカリムシ病

ペットがかかりやすそうな病気の3つめはイカリムシ病という病気です。イカリムシ病とは吸虫病と同じように寄生虫に寄生される病気です。ここで病気になってしまうと、からだに白いひもがついたような見た目になります。上記の2つの病気同様に外部からの新しい飼育が原因とされています。それから大型魚やシーラカンスといった古代魚なら餌の小赤からこの病気になる可能性もあります。イカリムシ病の治療法は吸虫病と同様にリフィッシュが準備すべきになります。万一飼っているペットが成魚ならピンセットでイカリムシを取り除く場合があります。

----------------------------------------------------------------------
ペットセレモニーおおくら
〒516-2111
住所:三重県 度会郡度会町 下久具 263-1 
電話番号 :090-5465-8694



地元三重で小型動物の火葬を実施

信頼と安心の葬儀を三重で実施

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。