OFFICE OHKURA

ペットの埋葬方法は?埋葬の注意事項も解説

  • twitter
  • facebook
お問い合わせはこちら

ペットの埋葬方法は?埋葬の注意事項も解説

ペットの埋葬方法は?埋葬の注意事項も解説

2022/01/05

ペットが亡くなった時に、どのように埋葬するか考えるのは辛いですよね。しかし、しっかりと理解しておかなければ、法律違反などトラブルを起こしてしまう可能性もあります。

そこで今回は、ペットの埋葬方法と注意点を紹介していきます。

 

3つの埋葬方法

一般的に、埋葬方法は3種類に分けられます。

 

納骨とは?

納骨による埋葬方法は、火葬した後のご遺骨を霊園やお寺の供養塔などに納骨する埋葬方法です。

 

埋骨とは?

埋骨による埋葬は、火葬後のご遺骨を粉末状に細かく砕き、地中に埋める方法です。ペットのご遺骨を埋めた場所に、樹木を植えたり、お花を植えてきれいにしてあげるとペットも喜ぶでしょう。

 

土葬とは?

土葬による埋葬は、ペットのご遺体をそのまま土に埋める埋葬方法です。自宅の庭に埋めたり、小さなペットであれば大きめの植木鉢やプランターに埋めるプランター葬も可能です。

 

土葬は一般的?

埋葬をする際に、土葬を選ばれる方は少なく感じられます。理由としては、埋葬場所が確保できないことや、公衆衛生上の問題などが挙げられます。

しかし土葬は、費用がかからず、亡くなったペットを慣れ親しんだ自宅で供養してあげられるというメリットもあります。

またハムスターなどの小動物は、土葬に広い場所を必要としないので、土葬を選ばれる飼い主様も多いです。

 

土葬する際の注意点

土葬の際は、いくつか注意しておきたいポイントがあるので、チェックしておきましょう。

 

土葬する場所

ペットのご遺体は法律上では「一般廃棄物」として扱われます。そのため法律では、ご自宅や私有地以外の敷地に土葬すると「不法投棄」となってしまいます。

 

異臭や害虫

土葬する場合は、異臭や害虫、汚染に気をつけましょう。可能な限り深く掘って埋めたり、日当たりの良い場所を選ぶのがおすすめです。

また、異臭は近隣の方とのトラブルに発展する可能性もあるので、注意が必要です。

 

荒らされないようにする

野生動物に荒らされる可能性も考えられます。掘り起こしされないように。できるだけ深い場所に土葬するようにしましょう。

 

いかがだったでしょうか。今回は3つの埋葬方法と、土葬する際の注意点を解説してきました。

ペットが亡くなり悲しい気持ちから、埋葬方法を考えることは辛いです。しかし、理解しておかないとトラブルに繋がる可能性もあるので、注意しましょう。

----------------------------------------------------------------------
ペットセレモニーおおくら
〒516-2111
住所:三重県 度会郡度会町 下久具 263-1 
電話番号 :090-5465-8694



地元三重で小型動物の火葬を実施

地元三重で大型動物の火葬に対応

安心の個別火葬を三重で実施

丁寧な葬儀を三重を中心にご提供

信頼と安心の葬儀を三重で実施

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。